自分の生まれた街だから

もっと良くなってほしいと思ってる。

2020年オリンピック開催地に東京が選ばれました。
日本にとっても、スポーツ選手にとっても素晴らしい事だと思います。
ただ、今の日本は長い不況からの脱出を模索中で安倍政権の「アベノミスク」を掲げる政策も、一部の企業や業種にかぎり効果をもたらしたに過ぎず日本全体の景気回復には至っていません。
しかもほとんどの自治体は長引く不況で力を奪われ、村や町はどんどん吸収合併されてしまい生まれた町が無くなってしまった人も多くいます。

不況の波は海外の日本企業の衰退も加速させ、事業縮小や海外事業撤退を余儀なくされた企業が増え、アジアの他の国からは
「日本の時代は終わった」「日本は技術に学ぶ所はない」など海外では言われ始めています。
果たして日本は本当に終わってしまったのでしょうか?

海外から見た日本は、震災や原発事故の処理の遅れで確かに海外の評判はよくありません。でも日本は決して終わっていません!ただ、様々な要因が重なり、日本の最大の武器である総力戦(力を合わせて戦う)が出来なくなってしまい自治体のバランスが崩れてしまっているだけです。

この「TUNAGU PROJECT」は、日本のクリエイターが各地域の町や市を活性化し、人と人、町と町のバランスを取り戻すプロジェクトです。
日本の食、アート、人、活気、を取り戻す為に、日本のクリエイターの総力を結集して挑みたいと思います。
そして7年後、日本は最高の国だ!と言われるように、そして今の子供達が胸を張って世界に行けるように、

今日本の市町村が力を取り戻し甦る事こそが最大の課題と思いこのプロジェクトをスタートさせました。

次の世代に繫げる為に

子供達へ繋ぐために今出来る事

スクリーンショット 2013-11-21 4.01.49.png

街を再生させる為の4つの戦略

クリエイターと共に創る街づくり

スクリーンショット 2013-11-21 4.11.29.png

街を取り戻す為の戦いが
今始まります。

TUNAGU PROJECT